下町ESPRIT

東京下町風景とちょっとだけワールドワイドな写真

[ スポンサーサイト ]

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TB(-) / CM(-) /

[ モダン・アート,アメリカンに行って来ました。 ]

2011/10/10(月) 19:30:38

新国立美術館のモダン・アート,アメリカンに行って来ました!


良い刺激受けました。






何より建物が刺激的。


オープンカフェも気持ちイイ!




最近、自転車デビューしました!
ターコイズ(メタル系ですが)な可愛い小径自転車です。
下町の最強の足になって、今楽しくて乗り回してます。
隣のコンビニに行くのにも無駄に乗ってます。
電車で行く方が圧倒的に便利でも乗ってます。
暫くは自転車ブーム。
こういうのがポタリング?ね、ケンケンさん?

しかし。
高校生以来の自転車という、なんとも長年のブランクの為、最初はちょっと危ういハンドル捌きらしかったです。
しかし、今は(恐らく)華麗にポタってます。(使い方OKですか?チャリ・h・プーさん)

でも。
下町は何気に自転車初心者には難易度の高いコースでした。F1で言うとスペインのカタルーニャサーキットのような。飛行場で言うとホンジュラスのトンコンティン空港のような。

何が難易度が高いかと言うと、

①ロマンスグレーライダー:ロマンスグレーライダーとはお爺さんで、下町の人口比率では多く、自転車愛用率も高い。熟年した技をお持ちだが、変速ギアの無い自転車故、昇り系の路では蛇行運転。これを抜き去るのは相当の技術と度胸が必要。
また、向かい側から来られた時、相手の表情を見て、進行方向を予測するが、ロマンスグレーライダーは背負ってきた人生の深さ故かポーカーフェイス(無表情)で読み難い

②親子鷹:親子鷹とは、ママチャリのお母さん+子供+時にはお父さん。子供はとかくお母さんと並走したがる。若しくは、カーブからママチャリが来て、避けてホっとしたのも束の間・・・お母さんを必死で追い掛けて来るお子様はまさにうり坊状態(猪突猛進)

③ダウンタウンポリスメン:二人連れの自転車おまわりさんは色んな所に出没。皆の安全を守ってくれている!・・・だけど、卑屈な運転になってしまう心理的圧迫が少しだけ、ね。
でも、おまわりさん、いつもありがとうございます❤道を教えてくれま~す

④観光客:スカイツリー近所故、最近激増。カメラを構えつつの為、急な立ち止まりには非常に注意を要す
そして、迷った観光客の方から、自転車に乗っているとご近所さん認定される為かよく道を聞かれてしまいます。でも・・・私は特技に出来る程方向オンチなんだー!道の名前とか方角とか全く分からず、「右の方行けば、いいと思います」「スカイツリー、目指せば絶対押上ですよ!」とスーパーざっくりしか答えられないんだ~。ごめんなさい。

と、日々修行とも思える状況から、私のポタテクはぐんぐん上がっているのでした!自己採点だけど。



我が相棒でっす!
スポンサーサイト

TOKIO / TB : 0 / CM(-) /

Trackback

  この記事のURL:
   http://rikosbf.blog106.fc2.com/tb.php/666-e7e3253b


HOME
copyright © 2017 下町ESPRIT. All Rights Reserved.
photo / Template by odaikomachi
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。